豊島株式会社

2022.05.11

INFO

経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定

豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)は、2022年5月1日付にて、経済産業省が定めるDX認定制度に基づき「DX認定取得事業者」の認定を取得しました。




DX認定制度とは「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が定めた「デジタルガバナンス・コード」に則り、DX実現に向けたビジョンの策定や戦略・体制の整備などDX推進の準備が整っている企業(DX-Ready)を認定する制度です。
このたびの取得にあたっては、当社のDX化の取り組みや体制、環境整備が経済産業省のDX推進指標に基づいた認定基準を満たしていること、並びにステークホルダーへの適切な情報開示が行われていることなどが評価され、認定を取得しました。


豊島の取り組み
■生産管理のDX

原材料が製品になるまでには、工場・副資材・検品・通関など多様なサプライチェーンが存在します。それらそれぞれの情報を連携するプラットフォームを構築し、可視化することで、サプライチェーン全体の効率化や負担軽減を図り、持続可能な産業構造を確立していきます。


■価値創造のDX
革新的なDX技術や3DCGを持つベンチャー企業や、教育機関との共創により、ものづくりのプロセス全体をDX化していきます。商品企画や開発をオンライン化することに加え、あらゆる素材へのアクセスが可能になることで、新たな購買体験の創出や課題解決につなげていきます。


【ご参考】
豊島株式会社の「DX戦略」の詳細はこちらをご参照ください。
https://www.toyoshima.co.jp/csr/dx/


 

一覧へ戻る