豊島株式会社

2022.04.14

INFO

2022年11月1日開園 ジブリパーク オフィシャルパートナーについて

 豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)は、2022年11月1日に愛知県長久手市に開園する「ジブリパーク」のオフィシャルパートナーとなりましたので、お知らせします。


 愛知県にて創業182年を迎える当社は、30年以上前から地球環境に配慮した素材の取り扱いを開始し、以降、オーガニックコットン普及プロジェクト「ORGABITS(オーガビッツ)」や、廃棄予定の食材を再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE(フードテキスタイル)」など、持続可能な社会の実現に向けてさまざまな取り組みを行っています。また 2020年6月には「豊島SDGs宣言」を発表し、「地球に優しい素材づくり」「人に優しい地域づくり」など、SDGsの達成やSociety5.0の実現に向けた5つの重点目標を定め、これらに取り組んでいます。

 「ジブリパーク」は、2005年に“自然の叡智”をテーマに愛知万博が開かれた「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」内に、スタジオジブリの世界を表現した公園です。人といきもの、地球との共生、美しい自然や風景などが数多く描かれたジブリ作品を次世代へと繋ぎ、子どもから大人まで幅広い来場者や地域の方から愛される存在となることを目指しています。


 当社はこのたび、地域貢献の一環として、また「ジブリパーク」の方針・理念に共感し、「ジブリパーク」のオフィシャルパートナーとなりました。地域の皆様、さらには世界中から愛される存在となるよう支援してまいります。





■ジブリパークとは
 ジブリパークは「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」内に、森と相談しながらつくっているスタジオジブリの世界を表現した公園です。ジブリパークには、大きなアトラクションや乗り物はありません。森や道をそのままに、自分の足で歩いて、風を感じながら、秘密を発見する場所です。
 11月1日にオープンするのは、「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3つのエリア。ジブリの秘密がいっぱいの大倉庫と、映画に登場した建物の世界が楽しめます。

ジブリパーク公式ウェブサイト:https://ghibli-park.jp/


■豊島株式会社
 1841年創業。180年を超える歴史の中で、時代の変化に応じて事業領域を拡大。現在では世界各地から原料・糸・生地の買付け・販売や、最終製品の企画から生産管理、納品まで一連のプロセスを手掛けファッション産業のあらゆる過程において総合的に事業を展開しています。また、持続可能なライフスタイル企業としてさまざまなサステナブル素材の開発と提供、そしてテックベンチャーへの投資やスマートウェアの開発を推進しています。2019年より、「MY WILL(マイ・ウィル)」をステートメントとし、サステナブル&テクノロジーに対する当社の姿勢を打ち出しています。

一覧へ戻る