豊島株式会社

2022.02.17

CSR

温室効果ガス排出量削減に向けた「CO2 フリー電気」の導入について

 豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)は、サステナブルな価値観に共感し合える社会を創るため、SDGsに配慮した経営に取り組んでいます。
 その一環として、温室効果ガス排出量削減に向け、中部電力ミライズ株式会社が提供する「CO2 フリー電気」(*1)を中部地域の当社事業場に導入いたしました。
 この取組みは、再生可能エネルギー由来の環境価値を活用した電気を導入することにより、事業活動に伴い排出する温室効果ガスの排出削減を図るものです。
 当社は、豊島SDGs宣言で謳っている「新たな共感によって持続可能なライフスタイル提供企業」として、サステナブルな社会の実現に向け、これからもCO2フリー電気の導入を積極的に進めていきます。


CO2 フリー電気導入の概要
1  対象施設
  名古屋本社(名古屋市中区錦2-15-15)はじめ中部地域の当社事業場7施設

2  CO2 削減量
  年間約130t(*2)
  スギの木約9,300本の年間CO2吸収量に相当(*3)


*1 CO2 フリー電気とは、発電時にCO2を排出しない再生可能エネルギー電源の環境価値を活用し、実質的に再生可能エネルギー100%の電気を使用することができる電気料金のオプションプランです
*2 2020年度中部電力ミライズ株式会社CO2排出係数(0/379kg-CO2/kWh)より算出
*3 年間14kg/本で算出   出典:林野庁



 

一覧へ戻る