豊島株式会社

2022.03.28

PRESS

日本初のヘアカラー専任美容師が在籍する「kakimoto arms」がトレーサブルオーガニックコットン「TRUECOTTON」を使用したデニム生地の制服エプロンを3月より導入スタート。 人気スタイリスト百々千晴氏がデザインを担当

 快適なライフスタイルの提案を目指す豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)が展開するトレーサブル(追跡可能)なオーガニックコットン糸「TRUECOTTON」(トゥルーコットン)」が、日本初のヘアカラー専任のハサミをもたない美容師、「ヘアカラーリスト」が在籍する都内有名ヘアサロン「kakimoto arms」の制服エプロンに採用されました。機能的かつ環境に配慮したTRUECOTTON のデニム生地を使ったエプロンは、人気スタイリストの百々 千晴氏がデザインを担当しました。




 お客様の髪のカラーリングを担当するヘアカラーリスト*は、サロンワーク中にヘアカラー剤など多数の薬剤を使用するため、自身の服を汚してしまう可能性があるためエプロンを着用して仕事をすることは理にかなっています。


 今回「kakimoto arms」では、スタイリッシュで機能的なエプロンを制作したいという想いを、かねてよりビジュアル撮影などのスタイリングなども担当し、サロンのお客さまでもあったスタイリストの百々千晴氏にデザインを依頼。エプロンは2種類制作されましたが、インディゴデニムのエプロンに、トレーサブルなオーガニックコットン「TRUECOTTON」を使ったデニムを採用。ブラウンのエプロンは、百々千晴氏が運営するブランド「THE SHISHIKUI」 で展開するブラウンデニムの生地を使っています。「TRUECOTTON」は、綿花農場で働く人々と、綿花を紡いで糸をつくる紡績工場で働く人々、みんながが健康で明るい毎日を送ることができて、明日も元気に働こうと思える環境、そんな裏付けのある場所でつくられた、安心安全なオーガニックコットンです。 食の世界ではすでに浸透しているトレーサビリティ(生産者や手法、土地を大切にするという価値観)が、ファッションの世界においても拡散することを目指しています。


 豊島では2020年からSDGs宣言を掲げており、その5つの使命のひとつ「地球に優しい素材づくり」があります。環境に優しい素材を使ったアパレル商品だけでなく、今回のように未来の地球環境を考える異業種の皆様と連携して、環境に優しいライフスタイル商品をこれからもご提案していきたいと考えています。

 




*ヘアカラーリスト・・・欧米では広く認知されているヘアカラーリスト。日本ではカキモトアームズが1994年より初めてヘアカラーリストを育成し現在では約100名のヘアカラーリストが在籍している。
肌の色・瞳の色など、一人ひとりが本来もつ「パーソナルカラー」をもとにハイライトやローライトを巧みにとりいれたヘアカラーデザインを提案。カキモトアームズのヘアカラーは他では手に入れることの出来ない卓越した技術で、モデルやタレント、ファッション感度の高いインフルエンサーなどから支持されている。






■ヘアサロン「kakimoto arms」について
ヘアカラー専門のカラーリスト、カットを担当するスタイリスト、ヘッドスパ専門のセラピスト、ネイリスト、まつ毛と眉毛を担当するアイリスト。各分野専門のスタッフが担当するスペシャリスト制で青山、銀座、六本木ヒルズなど都内近郊に12店舗を展開する。
2021年9月には交詢ビルの銀座店を全面改装しリニューアルオープンし、コロナ禍にご来店されたお客様に安心して寛いで頂きたい、という思いから自律分散型水循環システムポータブル手洗い器機を設置。スマートフォンを除菌する機能などが搭載しており、未来へ一歩踏み出す姿勢を形にしたサロン作りも積極的に行っている。



「農場と紡績工場」の特定ができるオーガニックコットン糸。
豊島株式会社が、トレーサブルコットンの代表格であるトルコオーガニックの紡績グルーブ“UCAK TEKSTIL(ウチャクテクスティル)社”と、日系企業向けの独占販売契約を結び誕生しました。
農場から紡績まで一貫管理ができるため、「農場と紡績工場」の特定ができるオーガニックコットン糸の提供を可能にします。綿は遺伝子組替えをしていない種子から育てられ、機械摘みによる収穫のため、異物の混入が少ないオーガニックコットンです。
 オーガニックコットンを選ぶということは、実は生産者を農薬などの健康被害から守るということ。綿花を紡いで糸をつくる紡績工場で働く人まで、明日も元気に働こうと思える環境、そんな裏付けのある場所でつくられたオーガニックコットン糸です。


HP : http://truecotton.jp/


Instagram : @true_cotton



■豊島株式会社https://www.toyoshima.co.jp/
 1841年創業。180年の歴史の中で、時代の変化に応じて事業領域を拡大。現在では世界各地から原料・糸・生地の買付け・販売や、最終製品の企画から生産管理、納品まで一連のプロセスを手掛けファッション産業のあらゆる過程において総合的に事業を展開しています。また、持続可能なライフスタイル提案企業としてさまざまなサステナブル素材の開発と提供、そしてテックベンチャーへの投資やスマートウェアの開発を推進しています。2019年より、「MY WILL(マイ・ウィル)」をステートメントとし、サステナブル&テクノロジーに対する当社の姿勢を打ち出しています。

一覧へ戻る