豊島株式会社

2019.02.05

PRESS

~100年以上前のデザイン、時代を越えて衣服に再現~フランス「ミュルーズ染織美術館」収蔵柄をアレンジスタイリスト白幡啓による『styling/』から4商品を2月5日より発売開始


豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)は、フランス「ミュルーズ染織美術館」収蔵の柄を使用した商品を、アパレルブランド「styling/(スタイリング/)」から、2019年2月5日より直営店、公式通販サイトUSAGI ONLINE STOREにて発売開始致します。

 ■18~19世紀につくられたパームツリー柄を麻にプリントし再現
今回発売するのは、「ミュルーズ染織美術館」収蔵柄であるパームツリー柄の4アイテム。2019年春夏のテーマは「A TRIP TO HOTEL SAN CRISTBAL(ア トリップ トゥ ホテル サン クリストバル)。ブランドディレクターを務めるスタイリストの白幡啓さんにより、2019年春夏のテーマとマッチした、海岸沿いを旅する女性とその風景を彷彿とさせるパームツリー柄が、着心地の良い麻素材に落とし込まれました。

パームツリーリネンドレスパームツリーリネンドレス



■18世紀以降のデザインを約600万点収蔵、世界中のクリエイターが注目する「ミュルーズ染織美術館」
アパレル関連商品を豊島が日本で唯一展開


「ミュルーズ染織美術館」には、室内装飾・服飾のデザイン画や染織見本を中心に、欧州だけでなく広く世界中の染織資料が約600万点も収蔵されています。そのコレクションの豊富さ、質の高さは世界に類を見ないプリントの美術館として高く評価されています。
現在もなお、デザイナーやアーティスト達を魅了し、ヨーロッパの著名なオートクチュールメゾンを始め、世界中のクリエイター達がこの美術館を訪れ、新たなデザインのインスピレーションを得ています。豊島は、フランス「ミュルーズ染織美術館」のマスターライセンシーである寝装大手の西川株式会社と契約し、日本で唯一そのアーカイブスを活用したアパレル関連商品をOEMで生産、展開しています。
 


■styling/ 
2016SS コレクションよりデビュー。メンズファッションの重厚感とシンプルな潔さに、ひと手間のこだわりを加え、調律のとれた新たな女性のスタイリングを提案。オリジナルブランド「kei shirahata」を中心としたセレクトショップ「styling/」トップスタイリスト白幡啓から発信される、さまざまなコーディネートをショップスタッフがお客様一人一人のことを考えてご提案致します。色々な時代の様々なファッションを見て、体験してきた女性達に0.8 歩先を行く服を目指しています。
 

パームツリーリネンジャケットパームツリーリネンジャケット

パームツリーリネンパンツパームツリーリネンパンツ

パームツリーリネンベストパームツリーリネンベスト


■styling/ディレクター白幡 啓

ディレクター白幡啓ディレクター白幡啓


1996年よりスタイリストとして活動開始。独自の世界観から生み出される高感度なスタイリングを、得意とする。意外性に富んだアプローチと時代を読むセンスで、数多くの女優・モルからの支持も厚い。女性ファッション誌、広告、アパレルブランドのカタログ、またトークイベントなど、多方面で活躍中。

■「ミュルーズ染織美術館」

豊島株式会社は2013年から、フランス「ミュルーズ染織美術館」のマスターライセンシーである寝装大手の西川株式会社とサブライセンス契約を締結し、日本で唯一そのアーカイブスを活用したアパレルとストール、傘、ハンカチ、鞄、袋物類をOEMで展開・生産をしている。「ミュルーズ染織美術館」のアーカイブスの最大の特徴の一つは、柄が自在にアレンジ可能であること。また素晴らしいのは、アレンジしたプリント柄は美術館に再び収蔵され、のちに新たなアーカイブスの一部になるということ。歴史的に価値あるデザインを現代によみがえらせ、再び美術館に還る。これこそが美術館のアイデンティティーとなっている。 スイスとの国境に近い街であるミュルーズは、フランスのプリント文化の中心地。その地にある「ミュルーズ染織美術館」は、フランス国内外のプリント生地のアーカイブスを約600万点収蔵し、ヨーロッパのラグジュアリー・ブランドがデザインソースとしても活用する美術館として知られている。

 

一覧へ戻る