動画インタビュー

動画インタビュー

MOVIE

豊島の挑尖者たちに動画でインタビュー。

綿花ビジネスの最前線へ。

総合職・十二部一課(素材部門)

佐瀬 玄樹

2013年入社

大学ではラグビー部に所属。スクラム最前列を支えるフッカーとしてチームに尽くしてきた。
今、闘いの場は、世界の巨大企業がひしめく綿花ビジネスへ。
繊維を扱う仕事の出発点ともいえる素材部門で、今日もチームを支え続ける。

豊島にしか生み出せない素材を開発したい。

総合職・一部一課(素材部門)

清水 友之

2008年入社

素材部門の営業担当者として、主にウールの糸を販売する清水。
「豊島にしか生み出せない素材を開発したい」という思いを形にするため、環境に配慮した再生繊維の開発に取り組んでいる。新しいものを生み出すための心得と、豊島独自の風土を語る。

豊島だからできる商売を、国外でも。

総合職・二部一課(素材部門)

田中 哲平

2011年入社

大学まで18年間サッカーを続けてきた田中。サッカーから離れた後も心から
打ち込めるものを見つけたい。そう考えて選んだ就職先が豊島だった。
日本、そして世界を飛び回る営業マンの、多忙で充実した毎日に迫る。

お客様が求めているものを届けたい。

総合職・東京十二部一課(製品部門)

椎橋 直幸

2013年入社

大学時代、多くのプロサッカー選手を輩出した名門チームでプレーした椎橋。
現在はスポーツウェアを専門に扱う東京十二部に所属。プレーヤーとしての自身の経験を活かし、新しい機能を持った商品提案に力を注ぐ。

自分で作った服が文化になる。

総合職・東京十五部三課(製品部門)

生方 杏奈

2017年入社

総合職として入社し、現在は一人前の営業担当者をめざして経験を積む。
自分が携わった商品が形になり、店頭に並ぶことに大きな喜びを感じている。
大好きなファッションの世界で挑戦を続ける、充実した日々を語る。

お客様からの信頼を第一に。

総合職・東京十七部三課(製品部門)

草開 幹太

2011年入社

国内での営業活動に加え、アメリカ市場に向けた新規提案に力を注ぐ。
ロサンゼルスやニューヨークを訪れて自分の足で情報を集め、
そこで得た成果を元に戦略を練る。
未知の市場に打って出る、営業の醍醐味とは。

豊島には新しいことをやれるチャンスがある。

総合職・十四部二課(製品部門)

田口 隼仁

2012年入社

営業の仕事をする上で、決まったマニュアルは存在しない。
自分の頭で何を考え、どんな行動を起こすのか。
既存領域の枠を超えて活躍を続ける営業担当者が、自らの使命を語る。

行動すればチャンスを掴める。

専門職・十部一課(織物部門)

千田 結美子

1999年入社

織物部門の専門職として生地のデリバリー業務に携わる一方、
年4回以上の頻度で海外訪問し、顧客への提案活動を行う。
エリア職の仕事のフィールドを大きく広げる千田の仕事ぶり。
意欲を持って行動すればチャンスが与えられる、そんな環境に魅力を感じている。

女性社員が働きやすい環境に。

エリア職・東京十八部一課(製品部門)

柿坂 尚絵

2004年入社

産休・育休から復帰し、現在は時短勤務制度を利用して働く柿坂。
上司や同僚、周囲の先輩ママ社員たちに支えられながら、仕事に取り組んでいる。
働く女性社員をサポートする、豊島の風土とは。

採用・インターンシップ
に関するお問い合わせ

登録をされた方には採用情報や
各種イベントのご案内をいたします。