豊島株式会社

ガイドライン

豊島株式会社(豊島株式会社及び豊島株式会社のプロジェクト。以下当社といいます。)は、ソーシャルメディアの利用にあたり遵守すべき基本原則を、「ソーシャルメディアガイドライン」として以下の通り定めます。

  1. はじめに-ソーシャルメディアガイドライン策定の目的

    近年、blog, Twitter, mixi, Facebook等に代表される、インターネット技術を利用してユーザ自身が情報を発信するソーシャルメディアの影響力が増しています。そのような状況下において、当社としてはソーシャルメディアを積極的に活用することでお客様の利益に貢献できることを目指しています。 しかしその一方でソーシャルメディアを利用した情報の発信は、その影響力が大きく、ソーシャルメディア上で誤った情報が発信されること等により当社の信用を損ねる可能性が否定できません。 そこで当社として、このような課題に対応するためソーシャルメディア利用に関する行動指針である「ソーシャルメディアガイドライン」を策定し遵守していきます。

  2. ソーシャルメディアの定義

    ソーシャルメディアとは、blog, Twitter, mixi, Facebook等に代表される、Web上で提供されるサービスのうち、個人による情報発信と、不特定多数による閲覧及びコミュニケーションが可能な媒体を指します。

  3. ソーシャルメディアにおける情報発信や対応についての自覚と責任

    インターネットへの情報発信は、あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識します。情報発信にあたっては、法令や当社が定めた独自の内部規定を遵守すること、一人ひとりの情報発信が少なからぬ影響を持つことを十分に認識します。

  4. 当社の従業員及び関係者の皆様へ-ソーシャルメディアを利用する場合の基本指針

    1.インターネットの恒久性を認識する 一度発信した内容は、たとえ後から削除をしてもネット上に恒久的に保存され、世界中に広がる可能性があることを認識すること。

    2.発言における姿勢・責任 自分の発言が自分自身だけでなく当社の評価となり得ることを認識し、責任ある行動をとること。 たとえ発言が匿名でなされても過去の投稿内容や交流相手などから比較的容易に投稿者が特定されることを常に認識し、他社および他社製品・サービスを不当におとしめる発言、また、喧嘩を仕掛ける・挑発する・あおる・言い争う言動は慎むこと。

    3.免責文を掲載すること 個人アカウントで当社に関する発言を行う際には、発言内容があくまで個人的な見解であり、必ずしも当社としての公式な見解・発表ではないことを明記すること。 例:投稿内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

    4.第三者の著作権、名誉、肖像権などの権利を尊重すること 第三者の著作権の侵害、誹謗中傷、その他第三者の権利の侵害に該当する行為を行わないこと。第三者の発言内容・記事等を引用する際は、その出所および引用部分が分かるように明示すること。

    5.社外秘情報・お客様及び取引先情報の公開禁止 秘密保持義務に従い、機密情報及びその他社外秘情報を公開しないこと。また業務上知り得たお客様や取引先企業に関する機密情報の発言は厳禁である。お客様及び取引先企業に関する発言をする際は、お客様及び取引先企業の許可なく公開しないこと。

    6.個人情報、プライバシーへの配慮 個人情報保護方針に従い、個人情報およびプライバシーに関する内容を含む発言を公開しないこと。

    7.日常の業務における責務を果たすこと 社内規程に従い、日常業務における責務を最優先とすること。

お客様及び、当社ソーシャルメディア利用者の皆様へのお願い

ソーシャルメディアにおける当社社員からの情報発信が、必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。当社の公式な発表・見解の発信は、当社のWEBサイト及びプレスリリース等で行ってまいります。